• koda

面白い研究結果#16




MONSTER TOKYO のトレーナーJin です。

今回は面白う研究結果を見つけたのでそれをみなさまにお紹介します。

一時期にヨーロッパやアメリカそして韓国で流行ったダイエット通称”皇帝ダイエット”

皇帝ダイエットって言うのは 炭水化物を切って、脂肪の貯蔵に関与するインスリン分泌を抑制して体重を落すダイエット方法です。

炭水化物の代わりに肉、卵、ハムとチーズ、バターは好きなだけ食べて体重を落す。


皇帝ダイエットの原理”

炭水化物を食べると人体にはインスリンが分泌されることにインスリンは体脂肪を保存するホルモンだ。

炭水化物を食べなくなればインスリンが出なくて保存されていたグリコーゲンと体脂肪が分解されて痩せると言うこと

また、この過程で食欲を抑えるケトンという物質が生成され結局少なく食べようになるというのが原理だ


どう思うと、肉にチーズ、バターなど思い切り食べて体重を減らすことができる方法だ

しかし、このダイエットを長年研究した研究員の最近発表によると、皇帝ダイエットをした人より適当な炭水化物の摂取と動物性ダムベク質より植物性ダムベク質を摂取した人が長く生きることができるという研究結果が出た。


なぜ、こんな結果にたどり着いたか?意外と理由はダイエット方穂であり献立にあった

ポイントは炭水化物と動物性ダムベク質だ。

ケトンと言う物質は食欲を抑えることのできるんですが

しかし,血の中にケトンが増えれば,水分が不足し,腎臓に負担を与えかねず,繊維質やビタミンE,A,B1,B6,葉酸,カルシウム,マグネシウム,電解などの欠乏を招きかねない。 また,動物性ダムベク質の多量の摂取で飽和脂肪酸とコレステロールの摂取量が多くなり,心血管疾患が発生する危険が高くなるのでという。


もし、それでも低炭水化物ダイエットを望むなら,炭水化物の摂取を最大40%動物性たんぱく質より植物性タバコをまず順位に据えて摂取することを研究院は薦めた。ということの面白い研究結果です


やっぱり全てが良いダイエット方法はないですね〜必ずデメリットはありますね

よく食べて,よく休んで,計画的にトレーニングすれば

時間が少しかかってもまめまめしくダイエットできますから頑張りましょう

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示