• koda

良くないダイエット#18




MONSTER TOKYO のトレーナーJin です。

今回は効果ないダイエット身体に

について話します。

まず、ダイエット食品です。お友達の結婚式や重要なパーティーに出かけるときもっとスリームに見える為急にダイエット食品を食べたり飲んだりして

トレーニングした経験ありますか?あると思います勿論そのダイエット食品が間違えてますを言いたいことがないですが、

ダイエット食品は食事の調整が苦手で,肥満になった人に食事の代わりに食べさせることで,栄養上の不均衡なく効果的に体重を減らす目的で開発されたものです。 したがって,食餌療法の補助方法で使用すれば,良い効果が得られます。

しかし一部のダイエット食品広告を見ると他の食べ物は食べずその食品さえ食べれば痩せると宣伝します。 このような方法で体重調節を始めると一日の摂取カロリーは大体600キロ以下になりますが,このように一日600キロカロリー以下の熱量摂取で急激な体重減少を誘導する方法を超低カロリー食餌療法だそうです。 医学的に大きな無理のない安全な体重調節速度は1週間に0.5-1.0kg程度であり,これ以上の速度で体重を減らすためには注意を要する超低カロリーの食餌療法はこれより速い速度で体重を減らすことになります。

実際に,業者の言葉どおり,他の食べ物は食べずにダイエット食品だけを服用したら,肉は確かに痩せるはずです。 しかし腹部膨満感,誤審,嘔吐,腹痛,下痢などの副作用が生じかねず,ひどい場合は死亡する危険もあります。 幸い,たいした副作用もなく体重が減ったとしても,問題が解決されたわけではありません。 一生ダイエット食品だけ食べて生きることはできないから正常食に戻る瞬間から体重がまた増えることになります。

ダイエット食品が無条件悪いわけではありませんが,急激な体重調節に利用するためには医者の管理と定期的な医学的検査が不可欠です。 一部のダイエット食品の広告を見ると,米FDAから公認を受けたので安全だと出ているが,この公認はこのダイエット食品が人体に有害な物質を含んでいないという意味であり,他の食べ物は食べず,この食品だけ食べても安全だという意味ではありません。

急に体を無理させると結局また身体にリバウンドに来ることです。

自分の人生幸せで長く行くなら量を減らして食べて一日中万歩歩きを生活化しましょう~

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示